注目コラム
【遠距離恋愛で別れる理由TOP3】別れの多い時期やタイミングに注意

一緒に過ごす時間が限られる、寂しさとの戦いが続く、会うために時間やお金がかかる…など、さまざまなハードルが立ちはだかる遠距離恋愛。

「離れていても大丈夫!」と思っていても、残念ながら別れてしまうカップルも存在します。

では、具体的にどのような理由で別れるケースが多いのでしょうか。別れるカップルが増える時期もあわせてチェックしておきましょう!

遠距離恋愛で別れる理由TOP3

遠距離恋愛のカップルが別れてしまう代表的な理由は、大きく3つに分けられます。その内容を、1つずつご紹介しましょう。

1.自然と距離が生まれてしまった

物理的だけでなく、心の距離も離れてしまった…というパターンです。残念ながら、人の心は時間とともに変化していくもの。遠距離恋愛が始まった時は「恋人への気持ちは絶対に離れない!」と思っていても、だんだんと冷めてきてしまうことも珍しくないのが現実です。

このパターンがとくに多いのは、近距離から遠距離へと移り変わったケース。最初は「毎日連絡するね」「休みのたびに会いに行くね」なんて言い合っていたものの、次第に連絡頻度や会う回数は低下…。そんな状況に、「私たち、もう潮時なのかも」と感じてしまうのです。

また、しばらくの間既読スルーが続く、お互いに連絡しない期間が長期化する、といった兆候があらわれることも。

お互いに「そろそろ終わりだな」と察するので、別れを覚悟しやすいのも特徴です。

2. 寂しさに耐えられなかった

恋人への愛情が深いカップルは、「好きなのに会えない」「周囲のカップルを見ると辛い…」と、遠距離恋愛が苦痛になってしまうことも。その結果、「こんなに辛い恋愛なんて耐えられない!」と、寂しさが爆発してしまうケースも見受けられます。

とくに、お互いに学業に専念している、仕事を大切にしているなど、どうしても遠距離恋愛を解消できないカップルに多い傾向があります。いつまでこの状況が続くかわからない、いまの仕事や勉強を続けたい…という状況のなか、「遠距離恋愛のゴールが見えない」という壁にぶち当たってしまうのでしょう。

なかには、別れたあとに「本当にこれでよかったのかな」「もっと別の方法があったのかも」と後悔してしまう人も。別れを切り出された側にとっても、心の準備ができていないため、現実を受け入れるには時間がかかります。

恋人が好きな状態で別れるため、「お互いの精神的ダメージが大きいパターン」ともいえるでしょう。

3.他に好きな人ができた

遠く離れた場所で生活していると、つい身近にいる異性に目が移ってしまいがち。また、「ちょっとくらい浮気してもバレないかも…」と気が緩んでしまう人も少なくありません。その結果、「恋人よりも好きになっちゃった」なんてことも!恋人だけを想って真面目に過ごしていた側にとっては、非常に納得できない話ですよね。

別れるきっかけは、「『どうして最近冷たいの?』と問い詰めたら白状された」「共通の知人から聞いた」「正直に『好きな人ができた』と告げられた」などさまざま。

なかには、「女の勘で浮気を暴いた」「サプライズで相手の家に行ったら浮気現場に遭遇した」という事例もあります。

そのほか、こんな理由も!

これ以外にも、「会うための交通費がもたなくなった」「相手が浮気していないか心配でたまらない」といったケースも見受けられます。

さらには、「喧嘩したままお互いに謝らず、自然消滅した」という悲しい結末を迎えたカップルも。

「なかなか会えない」という難点は、多くの問題に繋がるようです。これから遠距離恋愛をする方は、しっかりと気を引き締めておきたいですね!

別れの多い時期は?

続いて、遠距離恋愛のカップルが別れやすい時期をみてみましょう。

とくに多い時期は、以下の「遠距離恋愛になってすぐ」と「1年が経つ頃」に大きく分けられます。

離れて3ヶ月が経つ頃

遠距離恋愛がスタートした直後は、新生活が始まったばかりでバタバタしたり、遠距離での付き合い方に慣れていなかったりと、なにかと慌ただしい時期。そんな状況が新鮮で、あっという間に時間が過ぎていきます。話題が豊富で、電話やLINEなどのやりとりも楽しく感じられるでしょう。

しかし、3ヶ月も過ぎれば新生活に慣れ、新鮮さも減っていくはず。実際に恋人と離れてみて、「連絡するのが面倒だな」「会いたいときに会えないのは不便だな」といった遠距離恋愛のデメリットも感じてくるでしょう。

その結果、「やっぱり遠距離恋愛は無理だ」という結論に至ってしまう可能性も低くはありません。

離れて1年が経つ頃

遠距離恋愛が1年も経てば、「もう壁は乗り越えた」と思う人も多いはず。しかし、この頃は遠距離ではないカップルと同じく、倦怠期に陥りやすい時期でもあります。

よく耳にするのは、「久しぶりに会ってもドキドキしなくなった」「周辺の観光スポットは行き尽くしたので、恋人が来ても行くところがない」といったケース。

最初の頃と比べ、遠距離恋愛の刺激がなくなってしまうのでしょう。

別れやすいタイミングも要チェック!

遠距離恋愛の別れやすさは、離れてからの時期だけでなくタイミングも影響します。

とくに以下のようなタイミングは、別れる可能性が高まりやすいので注意しておきましょう!

長期休暇の前

「長期休暇=恋人と会う」という、暗黙の了解があるカップルも多いのではないでしょうか。ラブラブ期なら「もうすぐ会える!」と胸が高まるものですが、倦怠期中なら話は別。

「そろそろ会う時期か…」「せっかくの長期休暇なのに…」と気が進まず、別れを切り出すケースも珍しくありません。

イベントの前

誕生日や記念日、クリスマスなどのイベントの前は、「相手のために何をしてあげようかな」「どのように過ごそうかな」とワクワクするもの。

しかし、なぜかイベントに積極的になれない自分に気づき、「もう冷めたのかも」と気づく人も。

また、「プレゼントや外食でお金が飛ぶ前に別れよう」と現実的な考えをする人も存在します。

周囲が結婚ブームのとき

友達や同僚が結婚して幸せそうな姿を見ていると、「私も早く結婚したい!」という思いが強くなりますよね。ところが、先の見えない遠距離恋愛で結婚はいつになるか分からない…。

そんな状況に悩むうちに、「やっぱり他を見つけよう!」と思ってしまう人も。

とくに、長く付き合っているのに結婚の話が出ていないカップルは要注意です。

新たな出会いがあったとき

入社や人事異動などの時期は、新たに出会った異性に心が揺れ動いてしまうことも。「この人と付き合えばいつでも会える」「こっちに移り変わろうかな」という悪魔のささやきが聞こえる場面も珍しくありません。

倦怠期中やお互いが忙しくて会う回数が減っている場合、より一層ほかの異性に目がいきやすくなるでしょう。

遠距離恋愛で別れる理由・時期・タイミングまとめ

恋人と離れる前は、「私たちは何があっても大丈夫!」と思っているカップルがほとんど。

ところが、いざ遠距離恋愛が始まると「会えなくて寂しい」「だんだん冷めてきた」と感情が変化するケースも少なくありません。

遠距離恋愛においては、「相手を好きすぎても、冷め過ぎても危険」ということを意識しておきたいですね。

とくに、遠距離恋愛に慣れだした時期や長期休暇前などのタイミングは、「この関係を終わらそうかな」と思ってしまう可能性大!ほどよい距離感を保ちながら、いくつもの壁を乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事