注目コラム
社会人の遠距離恋愛の成功テクとは?年の差彼氏や年上彼氏の場合も!

社会人カップルの場合、仕事の都合で遠距離恋愛をしているケースも珍しくありません。なかには、「就職や転勤で、これから遠距離になってしまう」という状況の人もいることでしょう。

離れていても良好な関係を維持するには、どのようなテクニックがあるのでしょうか。

今回は社会人の遠距離恋愛カップルがおさえておきたい、成功テクをお伝えします!年の差カップルが気を付けておきたいポイントも、合わせてみておきましょう。

社会人の遠距離恋愛は要チェック!7つの成功テク

遠距離恋愛において大切なのは、「信頼」と「安心感」です!

その2つを維持するために、以下の成功テクを実践しましょう!

1.お互いを信頼する

社会人とはいえ、誰だって恋人と離れていると寂しさや不安が押し寄せるもの。「もしかして、浮気しているんじゃ…」「何か隠しごとをしているのかも」と、疑心暗鬼になってしまう場面も珍しくありません。

そんな状況が続くと、「あれこれと疑うのに疲れた」「彼女に詮索されてウンザリ」なんてことになる可能性も。だんだんと恋愛が重荷になり、解放されたい一心で別れてしまうケースも見られます。

相手を疑う心にはフタをして、2人の信頼関係を築いていきましょう。

2.嘘は大小問わずNG

「遠距離だったら、多少の嘘はバレない」という気の緩みは厳禁!共通の知人やちょっとした発言の矛盾などから、嘘が暴かれる可能性は十分にあります。

たとえ小さな嘘でも、彼からの信頼は一気に失ってしまいます 。

3.予定は事前に伝える

たとえ彼に関係のない予定でも、事前にしっかりと伝えておきましょう。

「今週末は会社の人とゴルフに行く」「今度、高校の同窓会に行く」などと伝えておけば、当日の返信が遅くても安心できるはず。

また、後になって「そんな話は聞いていない」「隠しているなんて、何かやましいことでもあるのでは」と口論になるリスクも抑えられますよ。

4.返信の遅さを責めない

突然の残業や仕事の付き合いなどで、LINEやメールの返信が遅れるのはよくあること。ここで「どうして返事してくれないの!?」「今すぐ電話して!」なんて問い詰めると、余計に彼を疲れさせてしまいます。

また、何度も電話をかける、LINEを連続送信するといった行動も考えものです。

どうしても気になるときは、「返事がないけど、どうしたの?」と相手を心配する内容を、1通だけ送っておきましょう。

5.行動チェックはほどほどに

遠距離恋愛が続くと、お互いのだいたいの帰宅時間や休日の過ごし方などが掴めてくるはず。少しでも変化があると、「どこに寄り道していたの?」「誰と過ごしていたの?」なんて疑問に感じる人もいるでしょう。

だからといって、彼の行動を分析したり、あれこれとリサーチしたりしていると、お互いに疲れてしまいます。

「たまには寄り道くらいするよね」と、大らかな気持ちで過ごしましょう。

6.喧嘩のときの対処法を決めておく

遠距離恋愛における喧嘩の長期化は、破局の原因にもなりかねません。

とくに遠距離になったばかりの頃は、お互いに喧嘩後の流れが掴めていないため、「向こうから謝るまで連絡しないぞ!」と意地を張りやすい時期。

そのため、事前に「喧嘩になったら、1週間置いてから電話で会話する」などの対処法を決めておきましょう。

7.さまざまな連絡手段を活用する

今では、たくさんの連絡手段が存在します。これをうまく使い分けることが、離れていてもラブラブな関係を長続きさせるポイント!

・日常的なやりとりは、手軽なLINEやメールを使う

・寝る前の数分間は、電話で今日の出来事を話す

・週末の夜には、ビデオチャットなどで顔を見ながら会話する

・特別なときには、手紙で想いを伝える

など、シチュエーションや目的に合わせて使い分けましょう。

ただし、最初から「毎日21時から電話、金曜の夜はビデオチャット…」とルールを決めると、義務のように感じてしまう可能性も。

自然と2人の間で定着していく流れが理想的です。

年下彼氏の場合

続いて、年の差カップルがとくに気を付けておきたいポイントをお伝えします!

彼が自分より年下の場合、以下の点を意識しておくと安心ですよ。

・上から目線の発言に要注意

年下の彼が仕事で悩んでいると、つい人生の先輩としてアドバイスしたくなりますよね。

しかし、「私の時はもっと上手に対応した」「いるいる、そういう後輩」なんて返されると、なんだか説教された気分に。今後は、相談相手の候補から外されてしまうかもしれません。

彼が悩んでいるときは、「私もそういう時期があったよ」「その気持ち、痛いほどわかる!」と、相手に寄り添った言い方がおすすめ!そのうえで、自分の経験談に基づいたアドバイスをしてあげましょう。

・金銭面は2人で話し合いを

女性が年上の場合、「交通費は私が全額払うよ」「休日は私がそっちに行くよ」と自主的にお金を負担している人もいるのでは。

ところが、良かれと思って支払い続けた結果、彼が申し訳なさを感じてしまうことも。また、女性側が金銭的に厳しくなるケースも珍しくありません。

そんなことにならないよう、事前にお互いに納得できる負担割合を決めておきましょう。2人の共通の財布や口座を用意して、「交通費やデート代はここから負担する」という方法もいいですね!

・寂しい気持ちは正直に伝えよう

「彼に会えなくて寂しい」という気持ちは、正直に彼に伝えてOK。むしろ、何も言わないと「俺がいなくても平気なんだ」と思われてしまいます。

「年上だから我慢しよう」「相手に甘えちゃダメだ!」と強がる必要はありませんよ。

年上彼氏の場合

反対に相手が自分より年上の場合、甘えすぎや体力の違いに注意する必要があります。

さっそく、具体的な内容をチェックしておきましょう!

・自分の基準で判断しない

年齢や会社での立場が上がると、仕事の事情も変化していくもの。「会社の飲み会なんて断ればいいじゃん」「休日出勤でデートがキャンセルなんて納得できない」なんて、今の自分の基準で判断するのは控えましょう。

「会社の付き合いがあって大変だね」「わかった、お仕事頑張ってね!」と添えておくと、物分かりのいい彼女だと感じてもらえるはず。

もしかすると、おわびや埋め合わせとして特別なデートを計画してくれるかもしれませんよ。

・謙虚な姿勢を心掛ける

彼が年上だと、つい甘えてしまう場面も出てくるはず。

とはいえ、「お金を出してもらって当たり前」「いつでも彼がリードしてくれる」といった甘えは禁物です。

彼に何かしてもらったときは、感謝の気持ちを示すように心がけましょう。

・行動は彼のペースに合わせる

年上の彼とデートする際は、年齢だけでなく体力の差も考慮しておきましょう。とくに遠距離恋愛の場合、デートの前後には長距離移動がつきもの。

「長距離移動をして会いに来てくれた彼と、丸一日遊園地で過ごそう!」なんてプランは、ちょっと無謀かもしれません。

「もうこっちから行きたくない…」と思われないためにも、ゆったりとくつろぐスケジュールにしておきましょう。

まとめ

お互いに忙しい、休みの都合が合わないなど、多くのハードルが待ち受けている社会人の遠距離恋愛。それに加え、「相手が何をしているか分からない」「喧嘩しても直接話せない」といった不安や試練とも戦わなければなりません。

それを乗り越える秘訣は、「信頼関係」と「適度な距離感」を築き上げること。彼との年の差も踏まえた意識をしながら、スムーズな遠距離恋愛を実現させましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事