注目コラム
復縁したい元彼に送る最初のLINE・メールはこれ!書き方と例文5選!

元彼と復縁したいなら、LINEやメールでそのチャンスをうかがうことはとても重要なことになります。すでに別れている相手ですから、LINEやメールは唯一の交流手段になっていることも多いでしょう。直接話せる環境にある人もいるかもしれませんが、復縁したいことをそのまま普通の会話の中で伝えるのは難しいものです。

そこで今回は、復縁したい元彼に送る最初のLINEやメールの書き方を解説していきたいと思います。例文もあわせて紹介していきますので、元彼に連絡する際にはぜひ参考にしてみてください。

復縁したい元彼にはいつLINE・メールを送るべき?

復縁目的の最初のLINEは、そもそもいつ送るべきなのか迷いますよね。今すぐにでも復縁したいけれど、今ってタイミング的に送っていいのかな…と困ってしまい、なかなか送るべきタイミングが見極められない人も多いでしょう。

まずは、最初のLINE・メールを送るべきタイミングについて考えてみましょう。

別れた直後に送るのはやめよう。復縁失敗の可能性大

注意しておきたいのは、別れた直後~数日後あたりにLINE・メールを送ってしまうパターン。別れてから数日なんて、正直なところまだまだ二人の中にはわだかまりは残ったままですよね。そんな中に「やり直そう」なんて連絡が来たら元彼はどう思うでしょうか?正直困惑してしまうのが本音でしょう。

別れの原因がこちらにあったのならなおさらです。

「こんなすぐに連絡よこしてきて…こいつ反省してねえじゃん…」なんて思われても仕方がありません。

しばらくは様子を見つつ…最初のLINEまでは時間を開ける

別れの原因や、二人の険悪具合にもよりますが、最初のLINEやメールをするまでには、少なくとも1か月前後は時間をおきたいところ。ですがこれはあくまで最低開けるべき時間なので、気まずい状態で別れたのなら、3か月くらい時間をおいても良いくらいです。

別れた後は、相手に対してしばらく複雑な思いを抱く期間が続きます。やはり復縁成功を狙うなら、その複雑な思いが純粋な懐かしさに変わる頃に連絡するのがベストですよね。

1か月~3か月後くらいなら、ある程度はモヤモヤした気持ちも晴れてきて、元彼も復縁を前向きに受け止められる可能性が高いです。

復縁したい元彼に最初のLINEを送るときの注意点

では次に、復縁したい元彼に最初のLINE・メールを送るときの注意点を見ていきましょう。

内容や書き方をチェックする前に、復縁失敗を招かないためにも、大事な注意点を押さえておいてください。

LINE・メールするときはマナーのある送り方を心がける

復縁は正直言って簡単に成功するわけではありません。それなら、少しでも成功率を上げることを意識して、元彼に好印象を持ってもらえる対応を心がけたいですよね。そのためには付き合いたてや出会いたての頃の初心を思い出して、マナーのある送り方を大事にしていきましょう。

マナーのある送り方のポイントとしては、例えば以下のような点があります。

  • 送る時間帯に気をつける(深夜に送らない等)
  • なれなれしくしすぎない
  • しつこく送らない
  • 返信を催促しない
  • 上から目線で話さず謙虚な姿勢で
  • いきなり重い話を持ち出さない

別れた後非常識な送り方でLINEをもらったら、元彼も当然悪い印象を抱くもの。復縁はかなり絶望的になってしまうので、マナーのある送り方をぜひ意識してみてください。

返信は気長に待つ

上のマナーのある送り方のポイントでも触れてきましたが、元彼に嫌な思いをさせないためには、しつこく送ったりしないことが重要。返信はある程度気長に待ちましょう。

いきなり元カノから連絡が来れば、彼もいろいろと戸惑う部分はあるはずです。復縁を前向きに考えてくれる可能性もありますが、すぐに返信することはさすがにためらうでしょう。そのため、最初のLINE・メールを送った後は、返信が来るまでに時間がかかることも想定しておくべきです。

返信を待っている間は連続でメッセージを送ったり、催促したりするようなことは、基本的に避けましょう。

気長に待ち、もし返信が返ってこなかったら、今回はタイミングではなかったと思ってまたしばらくしてからチャンスを探っていくことが肝心です。

復縁したい元彼に送るLINE・メールの書き方【例文付き】

元彼と復縁するためには、最初のLINE・メールで自然にやり取りを復活させていく必要があります。この段階で警戒されるようなことは避けたいですよね。ですが一度は別れている関係だからこそ、「どんな内容を送ればいいのか…」と悩んでしまう人は多いでしょう。

ではここからは、復縁したい元彼に送るLINEやメールの書き方を、例文とともにご紹介していきたいと思います。

自然な振る舞いを大事にする

基本的に最初のLINEで大事なのは、自然な振る舞い。そして気軽に返信できる空気があることです。そのためシリアスな空気を出しながら、いきなり復縁したいことを伝えるのはNGです。

まずはやり取りを復活させるきっかけ作りをしましょう。そのため送る際にはいつも通りのフランクな感じを出しつつ、軽い内容にするのがおすすめです。

元彼の近況を聞いてみる

まずおすすめなのは、元彼の近況を尋ねること。大事なのは自然な雰囲気なので、「ただ近況を聞いてみただけ」という気軽な空気感が伝わるように意識してみましょう。送るときは1~2文の短文にするのがベストです。

【例文】
「久しぶり~!元気??」
(LINEの場合は最後にプラスαとしてスタンプがあると◎)

元彼の誕生日に連絡する

やはり相手は元彼ですから、連絡する際にはきっかけやわかりやすい理由があると良いですよね。そのため、元彼の誕生日を狙って連絡するのもおすすめの方法の一つです。ただ、誕生日もあくまで気軽に祝うことが重要なので、おめでとうの言葉にあわせて近況を聞くくらいがちょうど良いでしょう。

【例文】
(LINEの場合は最初にお祝い系のスタンプ)
「誕生日おめでとう♪
元気してる??」

軽い相談を持ちかける

ある程度円満なかたちで別れたのなら、軽い相談を持ちかけることでやり取りを復活させるのもありですね。ただ、重い相談にはならないように気をつけましょう。なぜあえて元彼を頼ったのかがわかる相談内容で、かつ重くないものがベストです。

【例文】
「久しぶり、元気?いきなりごめんね。
仕事でパソコンを選ばないといけなくて迷ってるんだけど、〇〇君は、メーカーは□□と△△だったらどっちがおすすめって言ってたっけ?
周りにパソコンに詳しい人いなくて、良かったら教えてもらえると助かります><」

昔の思い出について確認が必要だったことを装う

最初のLINE・メールを送る際に上手な言い回しが思いつかないときは、昔の思い出について確認が必要だったことを装って連絡するのもおすすめです。「~って何だっけ?」「~ってどこだっけ?」といったかたちで確認を取ることで、返信をもらえる可能性もあります。

【例文】
「元気?いきなりごめんね(;_;)
前に行った〇〇のお店のことなんだけど、待ち合わせ場所どこにするとわかりやすいんだったっけ…?」

LINEの送り先を間違えたフリをする

意外とおすすめなのは、LINEの送り先を間違えて「誤爆」したフリをするパターン。嘘も方便と言いますか、多用はできませんが、どうしてもうまくきっかけが見つからないときはこの方法も使ってみましょう。間違ったフリをしてそのままにしておけば、元彼も「あれ?これ言ってあげないと気づかないパターンじゃん…」と思い、「間違ってるよ」と連絡をくれる可能性があります。

【例文】
自分「明日なんだけど、8時に変えてもらってもいい?歯医者の予約入ってたの忘れてた~」
元彼「宛先間違ってない?」
自分「ごめんね!!友達宛てだった~(笑)教えてくれてありがとう!めちゃくちゃ久しぶりだけど、元気してる?」

まとめ

復縁したい元彼とやり取りを復活させるなら、最初のLINEの内容・書き方はとても大事になってきます。まずは復縁したいことは伝えず、自然なかたちで会話を始められるよう、気軽なトーンでLINEやメールを送ってみましょう。

ある程度時間が経過していれば、元彼の中でも心の整理はついている頃ですし、LINEの内容次第では返信をもらえる可能性もあります。以上のようなLINEの書き方のポイントを意識して、復縁のきっかけをつかみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事